牡蠣サプリの比較サイト

牡蠣そのものに含まれる亜鉛の量というのは、自然界に生息する様々な食材の中でも最も豊富で、なんと牡蠣100g当たりに13.2mgが平均的に含まれていると言われています。

 

この数字は、自然食材の中で圧倒的な数字となっており、水分が殆ど無い乾物などを含めたとしても、牡蠣以上に亜鉛を多く含んでいる食材は他にはありません。

 

日本が定める食事摂取基準によりますと、亜鉛の推奨量というのは成人男性の場合で12〜13mgで、成人女性の場合には9mgと記載されています。

 

つまり牡蠣100gを食べることで成人男性の推奨量が満たされるワケなのですが、牡蠣100gを食べるというのは実際には結構な量となることから、牡蠣料理を積極的に食べていたとしても、その他の食品も一緒に食べて不足している亜鉛を摂取する必要があります。

 

また耐用上限量としましては成人男性の場合で40〜45mg、そして女性の場合で30〜35mgとなっていますので、この上限を超えた摂取のリスクについては、一般的な食材からの摂取だけで特に問題無いとされています。

 

いわゆる亜鉛サプリメントというのは、多くの場合一日分である15mgが配合されていますので、サプリメントを過剰摂取してしまうと亜鉛過剰を引き起こしてしまうことになるので注意をしなければいけません。

 

また普段からスポーツをしている方にとって亜鉛は切っても切れない存在であり、一般の人よりも積極的に亜鉛を摂取しなければいけません。
そうは言いましても、過剰摂取は同様に健康被害を起こしてしまうことがありますのでご注意ください。